松葉+武田 ⇔ 松井雅人+松井佑介のトレード/モヤの獲得について考える(2019年6月30日)

このトレードについて、私(オリックスファン)の思ったことを以下、述べていきたいと思う。 0.はじめに まず初めに、中日球団に感謝したい! というのも、中日がトレードに応じてくれなければ、チーム編成が立ち行かなくなる可能性も大きくあった状況で

Continue reading

ペナントレースでの「理想の勝ち方」を考える(2019年6月16日)

この記事でいう「理想の勝ち方」は、「全力をあげて勝ちにいく試合」と「負けてもいい試合」を明確にし、一年のペナントレースで最適な力配分を明確にすることである。 つまり、以下で具体的に述べるように、同じ1試合であっても重み(価値)が異なるから、

Continue reading

FA制度の抜け穴:投手にFA権を取得させない方法から、FA制度の改善を考える(2018年12月23日)

記事タイトルが非常に邪悪な感じ 「投手にFA権を取得させないなんて、なぜそんな邪悪な記事を書くのか!?」とドン引きの人もいるかもしれないが、私としては単に投手にFA権を取得させない方法を思いついたので書きたい、というただそれだけのことである

Continue reading

「金額は誠意」ではない。FA時に球団が真に提示すべきものは何か。(2018年11月10日)

FA宣言した選手からよく聞く、「他球団の評価を聞いてみたい。」というフレーズの意味 これを言わない人はいないのではないかというくらい、「他球団の評価を聞いてみたい」はとにかく常套句となっている。もはやフレーズ化してしまっているので、今さらそ

Continue reading

NPBのドラフト改革を考える:「戦力均衡」と「ウェーバー方式」について(2018年10月27日)

今年のドラフトも面白かった 贔屓チームは1位くじを外したものの、今年も大いに楽しませてもらった。ドラフトは、事前に自分で勉強していればいるほど当日楽しめることが、自分としては特に楽しい。(今年はあまり勉強できなかったが。) しかし、NPBの

Continue reading

CS第1ステージは「運ゲー」であることを受け入れよう(2018年10月20日)

CS第1ステージは運ゲーである! 一般に、勝負事においては勝負の回数(母数)が多いほど、実力が反映された結果に収束しやすい。直感的にも統計学的にも、この事実は明らかである。仮に1試合だけの勝負の場合、2軍のチームが1軍のチームに勝つことだっ

Continue reading

12球団の監督スピーチにおける「謝罪」について考える(2018年10月13日)

最終戦のスピーチ ここ1ヶ月、福良監督への続投要請や西村さんの監督就任など、オリックスファンとしてテンションが上がらないことが非常に多く、ブログの更新を1ヶ月以上もの間サボるという、そういう結果になった。書きたいネタやデータは色々あるのだが

Continue reading