ゲーム感想と吉田への守備シフト(20190331 オリックス vs 日ハム)

今日は典型的な負け試合だが・・・

榊原がイマイチな時点で、負け試合の展開になるのはしょうがない。(前日までに中継ぎ投手を使いすぎて今日は投入することができないし、榊原と一蓮托生なゲームであった。)

以下、今日のゲーム感想や今後の改善点を述べる。しかし、せっかくの開幕3連戦だからしっかり見ようと時間をとったのだが、どれもいいゲームではなかったなあ。残念。(まあオープン戦の終盤の時点である程度、なんとなく予想できてはいたが。。)

1.榊原は大丈夫か?

コントロールがばらつき、ボール先行のピッチングが多い。抜け球も多いし、本来であればここまで制球に苦しむ投手でもないと思う。オープン戦で一度最高のピッチングをしてからは、ずっとこんな感じだ。

私は、榊原のコンディションに何か問題があると思っているので、次回の榊原の先発はスキップしてあげて、最短でも中10日の登板とする事を提案したい。何より、長いイニングを投げられない状態が続くのであれば、中継ぎがとてもではないが保たない。本人のためにも中継ぎのためにも、一度登板をスキップするべきだ。

2.吉田に対するシフトについて

日ハムは、吉田に対して極端なシフトを敷いてきていた。サードが一二塁間の内野後方で守るというものだ。したがって、サード方向がガラ空きである。このシフトについて、私が思うことを述べたい。少し批判めいてしまうが、ご容赦いただきたい。

 

いやいや、三塁線にバントしないの??

三塁線に強めにバントをしたら確実にヒットになる状況だ。三塁後方まで転がせば、2ベースにもなるかもしれない。それなのに、なぜバントしないのか?バントを続けることで、このシフトだって止めさせることもできるわけだし、毎打席単打が期待できればOPSは2.000にまで届く。

野球は必ずしも「自分のバッティング」をするスポーツではない。ノーマルな状況ならば、自分のバッティング(自分の一番良い形の打ち方)をすることがチームのためになる。しかし、極端なシフトが敷かれている場合や、ランナーを進塁させることが重要な場合は、チームの勝利のために取るべきアプローチは異なる。それが野球というチームスポーツだろう。

何が言いたいかと言うと、「チームの勝利に貢献」というフレーズを今後も使うのであれば、吉田は毎打席セーフティバントをしなければならない。本当にチームの勝利に貢献することを考えているのであれば、出塁の確率がもっとも高くなるよう、毎打席バントをすべきなのだ。だって、毎打席バントすれば、OPS2.000さえ期待できるではないか。また、フォームを崩して無理に逆方向に打つわけでもないから、バッティングを崩すこともない。

バントをすることでこの極端なシフトをやめさせることができれば、吉田本来の打球が普通にヒットになり、ファンが見たいものがより多く見れることにもなる。長い目線を持てば、たった数回バントをした方が圧倒的に得なのだ。だって、セーフティバントをされ続けたら、日ハムはこのシフトを止めざるを得ないだろう。そうしたら吉田のいつもの打球が普通にヒットになってくれる。そっちの方がファンは楽しい。

だからこそ、ホームゲームでバントをしないでいいよう、この札幌でのビジターのシリーズのうちにバントを繰り返して欲しかった。

さらに言いたいのは、監督や首脳陣は、吉田のプライドを傷つけないで済むようバントの指示を出して欲しかった。それが配慮だろう。自分が監督だったら、試合前に「吉田へのシフトが敷かれたら、バントさせる」とメディアに公言し、試合で実際にシフトが敷かれたら本当にバントさせる。これならば、吉田も監督の命令に従っただけだし、プライドは傷つかないだろう。

と、自分の考えを述べたが、「勝つ」ということを真剣に考えているならば、この対策は非常に当たり前なことだと思う。長い目線で考えて、論理的にこうなるのだ。だが、実際はそんなことはなかった。私は一ファンとして残念に思っている。

3.打線どうするかなあ

やはり打線が弱い。今日は有原のチェンジアップに手も足も出ていなかった。

ロメロが帰ってきて、ライトで起用できたら違ってくるのだろうか。また、頓宮の5番と西浦の2番は今すぐにでもやめてほしい。

キャッチャーとショートの打撃はもう向上させようがないので、限界がある。だからこそ、凡退にせよ進塁打をしっかり打つことが重要なわけだが、昨日書いた通り、オリックスの進塁打は非常に少ない。この3連戦での進塁打は小田の3本のみだった(3戦目は進塁打なし)。日ハムは随所に進塁打があり、この点でチームの出来が違うと感じさせられた。接戦で競り負けるのは、こういうところにも要因があると思う。

あと、メンバーの入れ替えもそれなりの頻度で必要になるだろうと思うので、その見極めをいかに迅速かつ的確に行えるかが重要だ。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。