試合感想(オリックス対日本ハム・2020年7月12日)

山本のおかげで勝てた!パ・リーグ初完投おめでとう!(あと、最下位脱出!)

スコアはこちらから。
https://www.nikkansports.com/baseball/professional/score/2020/pl2020071216.html

あと、昨年は日曜日は「魔の日曜日」とか言われていて、6月下旬になってようやく初めて勝てたのに、今年は4戦中3回勝てている。最高の休日だ!(山本サンキュー!)


<全体的な感想>

  • 山本の試合で勝ててよかった
    打つ方はあまりに淡白で、河野をスイスイと8回途中まで投げさせてしまったが、9回1失点の山本に無事に勝ちをつけられて本当にほっとした。あと、山本は今日は9回119球で完投した。8回が終わった時点で交代かな?と思ったが、続得してくれたのは良い意味で驚いた。これから120球を目途に投げられると、中継ぎの負担を考えても非常に大きい。

  • 打線・・・
    初回1アウト1塁3塁でAJがゲッツー。8回裏1アウト満塁でAJファールフライ(とT見逃し三振)。4番打者がいわゆる「最低限」をしてくれると、全然違うのだけれどなあ。AJにそういう対応力とか技術は今のところ見えない。
    あと、全体的にあまりに淡白すぎる。まあ試合前の成績で河野の左右ごとの成績を考えて右打者を並べたというのもあるが、もうちょっと打線全体の厚みがほしいところだ。

<投手>

  • 山本
    勝てて良かったとほっとしているのはもちろんだが、今日の山本はフォークが良くて、それが一番安心した。(これまでの試合ではフォークが決まっていなかった。)
    昨日の投稿でも期待していたとおり、まっすぐ系(フォーシーム、ツーシーム)主体の攻めをしてくれた。その中でフォークが非常にいいところに決まったのが、自己最多の13個の三振につながった。三振を取るフォークと、落ち幅の少ないカウントを取りに行くフォークの投げわけも非常に良かった。
    カーブがもうちょっと多くてもいいかな、とは思ったが全体的に相手打線を寄せ付けなかった。(西川だけ、割と合っていたかな。もっとインコース厳し目を突いてもいいと思った。)
    あと、スライダーが登板を重ねるごとにいいボールになっている。今後、左バッターの内角(右バッターの外角)に多く使っていけると更に投球のバリエーションが広がるだろう。

  • 河野(日ハム)
    低めを捨ててボールを待てば、だいぶ打者有利になるように思ったが、オリックス打線は頻繁に低めに手を出していたなあ。

<野手>

  • 山足
    今日の試合のように、左投手相手のスタメンで一定の打撃をしてくれると非常に大きい。インコースは引っ張って、アウトコースは右打ちしていて、印象は良い。

  • 安達
    やはり安達の守備は大きい。打つ方でもしっかりボールを引きつけての猛打賞。毎試合出てくれたら・・・とどれだけ思うことか。

  • 大城
    得点には繋がらなかったが、1試合3盗塁はすばらしい。特に、初回の2盗→3盗は素晴らしいプレーだった。AJのゲッツーはだからこそストレスが溜まった。

  • 吉田
    絶好調モードは終わったかな。少し強引さが出てきている。ただ、来週から対戦カードも変わるし、また期待したい。

  • 清宮(日ハム)
    前日にホームランを打ったが、3三振と良いところがなかった。(ボール球の見極めが全く出来ていなかった。)澤田がホームランを打たれたのがある種、いい撒き餌になった。

<来週について>

■柳田をどうやって抑えるか

来週は京セラでソフトバンクを迎え撃つ6連戦だ。ソフトバンクは、チーム防御率は昨日時点でリーグ5位なので投手陣は全体的に低調であるようだが、打線の破壊力は恐ろしいものがある。OPS(昨日終了時点)でいうと、

柳田 1.128
栗原  .874
長谷川  .855
バレンティン .818

と要注意の打者が並んでいる。また、甲斐や今宮や明石は、例年のOPS(.700前後)を残している。一方、上林と松田がOPS .500台と不調なようなので、彼らを起こさないことも大事になる。

やはり、ソフトバンクに勝つには、柳田をしっかり抑えていきたい。とにかく早めに追い込んで、四球上等で際どいところで勝負をしていきたい。

 

 

1件のコメント

  1. 管理人さんお疲れさまです。
    最後までハラハラする試合でしたね・・・
    こういう、ここで勝てれば今後乗っていける、というところでことごとく落としてきたのが、2015年以降のオリックスだったので、今日はとにかく勝てて良かったです。

    正直、大城の盗塁を含め、2回までを見ると楽勝かな、と思ったのですが、うまくいきませんね。
    あれだけアップアップの新人投手を下ろせず、結果8回まで投げられて接戦に持ち込まれるようでは・・・
    物足りない感は残りました。正直、9回もディクソンに継投していたらやられたと思います。
    ただとにかく、負けなくてよかった。山本様様ですね・・・

    相手の日本ハムは、今年はチーム作りがうまく行っていない感じですね。
    打の外国人が不調、打線が小粒になり、3、4番をマークすれば四球と長打が出ない限り大量点はない、
    先発がコマ不足で、外国人を先発で使わざるを得ず、点が取れない打線が日本人中継ぎ連投と酷使に
    つながる・・・
    思わずデジャヴを感じてしまいました。

    投手も、竹安、張が復帰してきたようですし、なんだかんだで戦うためのコマが揃ってきたと思います!
    サードも、とりあえずは山足の調子が良いのがありがたいですが、西野、福田、中川あたりに
    早く戻ってきてほしいところですね・・・・
    (西野は扱いを見ていると、もしかしてトレードのコマにされるのでは?という気もしていますが・・・)

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。