オリックスのAクラス入りに必要なものは何か(2019年8月10日)

■今日8月10日からの9連戦と先発投手

まず、今日からの9連戦を考えてみる。先発は、以下のような感じになるだろうか。

8/10(楽天) 山本
8/11(楽天) 竹安
8/12(楽天) K-鈴木
8/13(西武) 田嶋
8/14(西武) 山岡
8/15(西武) 張
8/16(ロッテ)アルバース
8/17(ロッテ)山本
8/18(ロッテ)竹安 or 本田 or 鈴木優

  • 全体的に先発は薄い感じがする。ディクソンが抑えに回り、榊原が離脱している状況なので仕方がない。特に長いイニングを投げることが期待できる投手が少ない。
    →山本、山岡あたりはコンスタントに7回(以上)を投げてくれないと困る。

  • 山岡の状態が結構心配。オールスター前後で別人みたいになってしまった。真っ直ぐのキレ・勢いが全然違う。
    →8/14の登板の結果次第では、一度抹消してリフレッシュでもいいかも?

  • アルバースは8月7日の2軍での登板を見たが、問題なさそうに思った。球速もある程度140を超えていたし、身体の状態は大丈夫そう。
    →アルバースも7回を投げて欲しい。

  • 竹安、K-鈴木が不安。救世主のように現れた張の存在は大きい。2軍では本田と鈴木優も先発として投げており、彼らの出番もあるかもしれない。

  • 8/30〜9/9の11連戦が怖い。先発7枚必要になる。うまいこと雨天中止が絡んでくれればいいが・・・。

■打つほうが安定して点が取れるようになってきた

  • 福田:かなり好調。1番としてコンスタントな出塁。右投手相手のバットの出方が良くなり、ファールが打てるようになった。結果、四球の増加にもつながった。右投手のときに三遊間に打つのが非常に重要。
  • 西野:調子が上がってきたので、2番に固定してほしい。手の動きとタイミングのとり方が良くなったと思う。
  • 吉田:かなり良い調子だと思う。構えを見ても良い状態。
  • ロメロ、モヤ:普通よりは良い状態だ。固定でOK。
  • 中川:交流戦後に一度下がったが、また状態を上げてきた。
  • 安達:思い切りよく、強いスイングが出来ている。あっさりした打席も多いが、長打がある程度出ている。身体的にはいい状態そう。
  • 若月・松井雅人:送りバントができていればそれでいい。

→野手は現状のメンバー(↑)で固定で良い。ただ、大城や松井祐介が怪我で離脱している。これ以上の怪我人は文字通り許されない状況だ。

あと、中軸がある程度安定してきたので、無理な盗塁は今まで以上に不要。いたずらに、ゲインの少ない賭けに出ることはない。


■センターが薄い

駿太の状態が落ちてきた。タイミングのとり方が前のバタバタ状態に戻ってしまったように見える。駿太の状態が上がるか、小田がハマってくれれば大きい。佐野は打つ方はあまり期待できない。(ところで、宗が8月9日に抹消されたのはなぜ・・・?怪我?)
→センターで誰かがハマれば、かなり大きい。


■T-岡田も復帰できそうか

最近、2軍で長打が出始めているようだ。1軍復帰が近いかもしれない。ただ、ロメロ・モヤ・吉田で、DH、ファースト・レフトが埋まっている。中川のライトもある。Tが復帰しても、

対右投手: DH・モヤ、 ファースト・T、  レフト・吉田、 ライト・ロメロ
対左投手: DH・ロメロ、 ファースト・モヤ、 レフト・吉田、 ライト・中川

のようにスタメンを使い分ける形だろうか。これはこれで強いかもしれない。


■中継ぎ登板過多

ここのところ、一部の投手に負担が偏っており、登板過多になっている。(近藤・海田・山田・比嘉・ディクソン)

  • 増井が本調子に戻ってくれれば、ぜんぜん違う。(1枚増える)
  • 神戸、山﨑福也の登板がここ1週間全然ない。投手の登録枠がある意味、無駄になっている。試合展開的に確かに仕方ないかもだが、より接戦で投げれる投手が必要な状況。

2軍から上げるとしたら、以下が候補になるだろうか。

  • 澤田:2軍で8月8日に投げたようだ。8月中の復帰が間に合うかもしれない。
  • 竹安、K-鈴木:中継ぎに回るのはどうだろうか?張も球種的に中継ぎ向きかも?
  • 吉田一将、東明:2軍ではある程度コンスタントに投げている。
  • 岸田:ただ、勝ちパターンは厳しいかなあ。
  • 荒西:中継ぎに専念したらどうなるか。
  • エップラー:中継ぎとして覚醒しないかなあ。

あとは、先発投手をある程度我慢する辛抱強さも大事だ。これからが大事な時期とはいえ、先発がいまいちだったらすぐ継投、というのはやめてほしい。

→まずは、先発が長いイニングを投げることが大事。

→増井の復調に期待しつつも(ただあまり兆しは見えない)、2軍で調子の良い実績のある投手(澤田、吉田一将、東明、岸田)に期待。先発でイマイチだったら、竹安、K-鈴木、張を中継ぎに回すのもアリ。


■先発投手の間隔を詰めるのだけは絶対にNG

ポストシーズンもあるし、中5日を考え出すのは9月の下旬からでよい。

まとめ:Aクラス入りに必要な要素

  1. 先発投手陣の安定とやりくり:連戦も多く、先発投手のやりくりは結構キツイ。状態の良い選手を積極的に使うことが大事。

  2. 野手陣の全体的な好調の維持:福田、西野、吉田、ロメロ、モヤ、中川、安達

  3. センターで起用された選手がそこそこ打つ:打線の厚みが違ってくる。
  4. 中継ぎがもう1枚:接戦で投げられる投手がもう1枚欲しい。

以上、4つの要素を上げたが、このうち3つを満たすことができれば、Aクラス入りは固いだろう。ということで、私が特に注目したい選手は、

●福田、西野:出塁を稼ぎ続けることができるか?

●山岡:良かったときの成績を残せるか?

●アルバース、竹安、K-鈴木、張:先発として安定するか?先発でダメでも、中継ぎでハマるか?

●増井:復活し、中継ぎの貴重な1枚になれるか?

●駿太、小田:センターを埋めてくれるか?

といった感じだ。大城の復帰時期次第では、安達もその活躍がチームの死活を分ける。


コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。