試合感想「今までが吹き飛ぶ中嶋監督代行の1勝目」(オリックス対西武・2020年8月21日)

一言。オリックスファンとして満足した。サメ最高や!初陣を飾れて、本当に良かった。

スコアはこちらから。(日刊スポーツスコア)


<試合全体の感想>

  • スターティングメンバーに異存なし。
     早速、大城・杉本を1軍昇格させ、スタメンで起用した。実力のあるものが出場できるという、当たり前だが、今までになかった起用だ。大城は怪我からの復帰という意味合いが強いが、それでも杉本を早速1軍スタメンで使うのは本当にいい意味での活性化になる。

     中川を4番で使ったのも、少なくとも現時点では「中川を信頼して起用する。」という意図がよく分かる。チームにも、何より中川本人にも伝わっているはずだ。

     AJを5番で起用したのも、プレッシャーを和らげる起用だ。それが功を奏した結果なのか分からないが、見事3打点をあげた。

     また、今シーズン初めて大城と福田が同時にスタメンに名を連ねた。福田は2軍でずっと調整していたサードをようやく守れて良かった。今後、大城・安達・福田の3名がスタメンに名を連ねれば、打線として壊滅的にはならないレベルが期待できる。

  • バントをしない采配を意図的にしている。もちろん大賛成!
     試合後のコメントを聞いても、初回ノーアウト1塁でバントをしなかったのは、複数点を取って行きたかったからという明言もあった。正にファン(というかオリックスの勝利を望む者)が待っていたのはこれ!

     結果はゲッツーで最悪だったのだが、2番福田で併殺打の可能性は低かったところでもあるし、そのリスクも承知の上での選択だったということがコメントからも分かった。

  • 西武は3連勝中に勝ちパターン中継ぎを費やしていたことも追い風に。
     ギャレットが3連投、平良も3試合中2試合登板かな?
    ここまで3連敗していたとはいえ、西武の中継ぎをよく消耗させていたのが、今日の勝ちにつながった。これが、最後の西村監督の遺産ということだ。グッバイ。

  • 伏見のリードが非常に良かった。
     おそらく、このブログを頻繁に読んでくださっている方々には分かってもらえると思うが、私がリードを「非常に良かった」とまで言うのはなかなかないことだ。それくらい、伏見の今日のリードは良かった。

     何をここまで満足したかと言うと、森への攻め。ここまで3試合、初戦から遅い球に突っ込み気味だったのに、今ひとつタイミングを崩しきれていなかった。チェンジアップを投げたと思えばそれを連投して、バットの先で合わせられるし、いまひとつ攻めきれていなかった。それが、今日の伏見はしっかりと複数の緩急を使って(先発が山﨑だったのもあるが)、森のタイミングをしっかり崩していた。前へ前へと突っ込ませていた。

     特に印象的だったのが、9回2アウトで、ディクソン対森の対戦のところで、普段あまり投げていないチェンジアップを森の初球で使ったのが素晴らしい。タイミングのことをちゃんと意図して配球をしていた証拠だ。

     これが中嶋監督の効果なのかもしれない。と思うと、非常にワクワクした。

  • 中嶋監督の、選手という人間を大事にする態度を感じた。
     ベンチでのいろいろな仕草を見ていて、選手というひとりの人間に対してちゃんと接している雰囲気を非常に感じた。簡単に言えば、ちゃんと選手のことを気にかけていることを示しているように見えた。西村監督に欠けていたことに違いなく、期待を持った。

  • 私の個人的仮説:「8回に点を取れるチームは強い。」
     私は、8回の得点が一番ゲームを左右し、その8回に得点を取れるチームほど強いと思っている。(だから、一番良い中継ぎも8回に出てくる。)8回にちゃんと勝ち越すことができたのは、これ以上になく良いスタートだと思う。

<投手>

  • 山﨑
    開幕から安定した投球を継続している。これからも期待できる。

  • ディクソン
    投げ方が良いときのディクソンになって来た感じがする。

<野手>

  • 吉田正尚
     最近、ヒットは打つものの、なかなか打球が上がっていない状況が続いているが、昨日の試合あたりから角度がつきそうな気配が出てきたと思う。近いうちにホームランが見れるだろう。

  • AJ
    やっぱり打つべく人が打つと、チームとして勢いがつく。全体的に今日は空振りが少なく、今までと違った感じがあった。ニール相手だったので、外国人投手相手で慣れていたのかもしれないが、チームの全打点(3打点)を上げてくれたのは非常に喜ばしいことだ。

    しばらく、5番〜6番で気楽に打てると良いと思う。

  • 源田(西武)
    何回見ても、異様な守備のうまさ。

<明日(8/22)のゲームの展望>

  • 張に期待でしょう。
    良いピッチングに期待したい。相性的にも、西武は悪くないのではないかな。

  • 打線がどうなるか。スタメン捕手がどうなるか。 
    打線の並び自体は、特に変える必要はないのかなと思う。一方で、スタメン捕手が誰になるかは非常に興味深い。前回の登板では普通に若月と組んでいたが、明日のスタメン捕手が誰になるかは中嶋監督の今後の起用方針をうかがうためにも、ファン必見だ。

試合感想「今までが吹き飛ぶ中嶋監督代行の1勝目」(オリックス対西武・2020年8月21日)」への2件のフィードバック

  1. 管理人さんお疲れさまです。

    初戦は素晴らしいゲームを見せてくれましたね!
    辻コーチの喜ぶ姿も見ているこちらが嬉しくなるほどでした。

    中嶋監督の、若手に対する、単にチャンスを上げるのではなく、
    ベテランを超えるとわかってから初めて使う、という姿勢は
    当たり前のこととはいえ、これなら安心して任せられると思いました。

    スイングができていない選手を漫然と一軍で使って、結果が求められる中、
    当てに行ったり中途半端なスイングで成長が止まる、ということを
    多々見てきただけに、これからは、上記の姿勢を明白にしてほしいです。

    一軍で見ると、二遊間はそこそこ打てて守れる選手が揃っているので、
    ライトで杉本、センターで中川が打てれば、面白いチームになると思います。

    今日も注目して見たいです!

  2. ピンバック: pinewswire

コメントを残す