ゲーム感想(20180607 阪神 vs オリックス) 西村凌の起用を考える+福良監督の選手交代がおかしい

1-2で負け。試合のスコアシートは以下の通りである。(本ブログ独自スコアシート)

◆2018年6月7日:阪神対オリックス スコアシート


  • 守備と走塁と進塁打の差で負けたゲームだった。
  • まず守備から行くと、
    ・3回先頭梅野の内野安打 → 金子が取れた。
    ・3回福留の犠飛 → 満塁で全員タッチアップ。西村の取り方が良くなかった。
    ・4回陽川の三塁打 → T惜しい。取れないまでも、2ベースに留めたかった。
    ・6回鳥谷の二塁打 → 西村の打球処理まずい。一塁から生還できるような打球ではない。
    ということで、ちゃんと守れていれば1点も与えずに済んだ試合だ。
  • 次に走塁系を書くと、
    ・5回安達の二塁打 → フルカウントでスタートを切っている小谷野が生還できず。糸井の処理も良かったが、ホーム突入すら考えられないタイミングとは。。
    ・上記、3回福留の犠飛の際の全員タッチアップ。
    ・上記、6回鳥谷の二塁打で糸井1塁から生還。
  • また、オリックスの方は捉えた打球が相手の守備陣に阻まれる不運も大きかった。しかし、自軍の守備がしっかりしていれば、点を与えることなく、打撃の質の差で優勢にゲームを進められたはずだ。
  • 今から守備と走塁をうまくなれというのは土台無理な話だが、ひとつだけ、今すぐ対処できることがある。それは、西村をセンターで起用しないことだ。二軍でも外野はそんなに守っていない選手を、打撃が非凡だからといってセンターで起用するのはおかしい。というか、西村はせっかく打撃センスがあるのだから、そのままじっくり捕手としてまず勝負させるべきではないか。一軍の都合で無理やりセンターで起用するのは本人のためにならない。うまく行けば、ちゃんと打てる捕手に成長するかもしれないのになあ、と思う。
    あと、西村は1番タイプではないな。どんどんボールを振っていくタイプなので、(打率の高い)フリースインガータイプだ。こういう選手は、5番、6番あたりでポイントゲッターとした方が長所が生きるだろう。(宗もそう。ただ、宗の場合、打率は決して高くない。)
  • 金子と山崎のバッテリーは、配球もそんな良くなかったなあ。はじめに、阪神バッテリーは、秋山が95球中9球カーブを投げ、またフォークもタイミングのずれる球種だったので、緩急をうまく使えていた。一方の金子は、カーブは94球中5球のみ。カーブはほとんど良いところに決まっていたので、もっと使ってもよかったと思った。また、チェンジアップもせっかく空振りがど真ん中でも奪えるくらいに抜けが良い球が多かったのに、スプリットのほうが遥かに多かった。
    大体イメージ的には、真っ直ぐ系50%、スプリット25%、その他25%という割合だっただろうか。スプリットは低めに決まれば安全な球種だが、全投球の4分の1はちょっと多すぎる。
  • でも金子は全体的に良くなっている。フォームが、前回の登板からそうだが、少し変わっており、体重移動と腕の振りのイメージが一致するような感じで、コントロールも良くなっているように見えた。この状態で伊藤と組めば、かなり抑えると思うのだけれどなあ。ちなみに、私はオリックスの今シーズン初完投は金子と伊藤のバッテリーになると思っている。(今すぐに実現すればだが。)
  • 吉田のピッチングは非常に良かった。正直、先発に回ればかなり長いイニングを投げてくれそうだと思うのだが。。。吉田を先発に回す場合は、現状だとディクソンか山岡との入れ替えが自然かと思う。
  • 吉田正尚の調子はほぼ本調子と見てよいだろう。バットがボールの中に入っていく雰囲気が、良いときのそれになっている。これからも長打が期待できるので、吉田の前にランナーをためることを意識して打線を組むべきだ。

ここから采配批判

  • 今日の試合は、選手交代が下手すぎる。
  • 7回表の攻撃で、8番山崎の代打の西野が凡退し、3アウトになった場面。7回裏も金子を続投させる選択肢も当然あったのに、6回94球で降板させ、吉田にスイッチした。1点ビハインドだし、球数的にもまだ投げられるだろう。また、バッテリーごと変える、という考えもよく分からない。むしろ1イニングだけだが、普段組んでいない捕手と組ませる折角のチャンスとも言える。
  • この場面で更に不可解だったのは、7回裏の選手交代で、8番に吉田、9番に若月を入れたこと。えっ、普通はさ、8回表の攻撃が9番から始まるのだから、9番に投手を入れておいて、8回表の攻撃で代打を出すんじゃないの?と不思議でしょうがなかった。まあ若月にそのまま打たせるのならば、若月に期待して・・・という意図があるのだな、と理解できるのだが、8回表の攻撃で若月に代打小田を送っていた。。
    8番若月、9番投手にしておけば、不必要に捕手を消費しないで済んだではないか。本当に福良は何がしたかったの??代打を出された若月が目を丸くして、正にキョトンとしていて、なんか笑えてしまった。
  • 代打で起用されないところを見ると、ロメロはやはり軽傷というレベルではないようだ。抹消はされていないが、心配だ。
  • 今日も、1点ビハインドにもかかわらず吉田と近藤を投げさせるという起用。うーん、山崎福也と比嘉は一体何を期待されてベンチ入りされているのだろう。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。