T−岡田の2018シーズン前半の成績評価(3〜6月)

シーズンも試合数にほぼ折り返しだ。ということで、6月最後が終わった今日、ロメロの前半の成績を評価したい。

  • 73試合中、58試合先発。
  • 5番=6試合、6番=19試合、7番=33試合。

スタメン出場は全試合の約80%に留まるが、打席数232はなんだかんだ言って規定打席到達クラスだ。前半戦のOPS .752は本人からしたら、「物足りない」というレベルだろう。

以下は左縦軸にOPS(と直近30打席の平均)をプロットし、右縦軸に直近30打席の平均非投球数をプロットしたものだ。

  • シーズン開始100打席(=5月6日まで)は平均すると、OPS . 682とキャンプでの故障の影響を感じる。
  • その後は、好不調の波が交互に来るような感じ。
  • 6月30日、右腹斜筋の故障により登録抹消。

イマイチ、という感じの成績ではあるが、開幕してからすぐに登録するのではなく、二軍戦で調整できていたら、もっと違う数字になった可能性もある。

評価は100点満点中65点くらいだろうか。

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。