澤田圭佑の登録抹消(6月1日)からオリックス中継ぎ陣に対する酷使を考える

澤田が、一軍から登録を抹消されてしまった。開幕から相手を寄せ付けない投球を続け圧倒的な成績を残してきていたが、5月下旬頃から打ち込まれる試合が目立った。そのため、一軍から登録を抹消されるのは当然の判断に見えるし、実際にそうするべきだと思う。

Continue reading

オリックス中継ぎ投手陣の酷使を考える(2018年5月19日) 〜吉田、黒木、山本、近藤が危ない〜

本日5月19日(土)のゲームが終わった時点で、41試合が消化された。特に区切りが良い数字でも何でもないのだが、今日はせっかくの土曜日なので、オリックスの中継ぎ投手陣がいかに酷使されているか、データをもとに考えたい。 はじめに結論を言っておく

Continue reading

ゲーム感想(20180501 オリックス vs ライオンズ) 山本由伸というジョーカー

山本由伸というジョーカーを手にした。 アルバースは7回2失点という見事なピッチング。エラーやまずい守備(小谷野打球弾く、宗の後逸、安達捕球エラー)が重なる中、単打7本、無四球によく抑えてくれた。要所でとれた2つのゲッツーが何より大きかった。

Continue reading

12球団の高卒、大卒、社会人の割合を比較してみた 〜大卒社会人が少ないほど強い傾向〜(2018年5月1日)

何となくからの興味で、12球団の出身(高卒、大卒、社会人など)の割合を比較してみようと思い、データをまとめてみた。 選手の出身データは、プロ野球選手会のホームページから取得し、ほぼ手作業で集計した。その結果が以下の表である。(2018年5月

Continue reading

福良監督の采配で負けた試合と本来期待できた勝ち数を考える(2018年3・4月)

我がオリックスは、3月・4月は26試合を消化して、10勝15敗1分という数字に終わった。これは妥当なのだろうか。 結論から言うと、全く妥当とは思っておらず、勝敗が逆でも不思議ではないと思っている。根拠は以下の通りである。  3月・4月のチー

Continue reading