2018年オリックスの投手陣編成を考える

まず、2017年シーズンに100イニング以上投げた投手


・・・の被OPSとイニング数を書き下してみる。

投手    イニング数          被OPS
 ---------------------------------
 金子        184 1/3      .676
 山岡        149 1/3      .689
 ディクソン    136          .723
 松葉        133 1/3      .743
 西           117 2/3      .690
 ---------------------------------
 合計    720 2/3           .702(平均)

チーム全体の投球回数が1275 1/3なので、上記の5投手で半分強;56.5%を占めている。
チーム全体の目標の被OPSをひとまず.680と設定したとき、残りの43.5%が被OPSを約.650に抑えなければならないことになる。(ちなみに、2017年シーズンのチーム全体の被OPSは、.709と計算された。主要先発陣の平均値とほぼ等しくなったのは、偶然なのだろうか?)

中継ぎ投手の被OPSは、数字のイメージがつくように、2017年シーズンに30試合以上登板した投手(先発なし)の成績を以下に書き下す。

投手  イニング数 試合数 被OPS
 ---------------------------------
 平野    57 1/3    58    .697
 近藤    55 2/3    55    .609
 黒木    53 1/3    55    .587
 ヘルメン  47       44    .720
 小林    40 2/3    35    .704
 金田    39           34    .717
 大山    26           32    .576
 ---------------------------------
 合計    319                .660(平均)

ちなみに、チーム全体の全投球回数は1275 1/3だから、上記以外の投手が235イニング程度を投げていることになる。その投手層の被OPS平均値は求めないが、一般にフルで主力で活躍した選手ではないので、そこまで良い成績ではないだろう。

これらを考えると、現実的な目標として、先発投手陣が被OPSを.690程度、中継ぎ陣が平均被OPSを.650程度に抑えてくれれば・・・と考えたくなる。

また、小林、金田は被OPS.700台と、勝ちパターンの中継ぎとしては厳しい内容。(平野もほぼそうだったのかもしれないが、平野は特別!)大山は素晴らしい数字を残したが、2018年シーズンも同じような成績を残せるかは微妙だろう。(中継ぎ投手の成績予想ほど難しいものはない。)

ということで、前置きが長くなったが、2018年シーズンのおおまかな陣容を考えてみる。

 

2018年シーズンの主要投手陣


◆先発候補(11名)
 金子、西、ディクソン、山岡、黒木、近藤、アルバース、吉田一、田嶋、K-鈴木、山本

新人投手や若手は、まずは先発で大きく競争してほしい。
黒木や近藤もまだ2、3年目なのにセットアッパーを続けると消耗が激しすぎる。
早めに先発で競争してほしい。

◆中継ぎ候補
 松葉、先発争いから中継ぎ、海田、大山、比嘉、山崎福

松葉は中継ぎで思いっきり真っ直ぐを投げるのも良いのでは。
ディクソンはそろそろ中継ぎになりそうな予感。

◆抑え
 増井

ということで、自分的な希望を込めた、投手陣スタッフの予想は以下の通り。

先発
金子、西、山岡、黒木、アルバース、田嶋他

中継ぎ
近藤、吉田一、ディクソン、松葉、比嘉、山本、K-鈴木

抑え
増井

投手陣は全体で14名とした。絶対的な選手はいないものの、全体的な層の厚さはここ数年の中で一番充実しているだろう。この投手層の厚さを生かすため、投手は気持ち多めに登録し、負担や疲労を分担した方が長期的にも良いと思う。上記の陣容で考えると、先発6人はひとり150イニングで900イニング、中継ぎ7人はひとり40イニング、抑え(増井)は50イニングを投げてくれれば良い算段だ。

(また、ルーキーの田嶋が1年間ローテを守ることを期待するのも求め過ぎで、実際は色々な投手が合間に投げるだろうと思うので、田嶋「他」とした。そう考えると2017山岡は凄い。)

中継ぎは、勝ちパターンを固定しないで、ローテーション制のようにして各選手を起用。(そもそも勝ちパターンを固定するような投手起用は、セットアッパーの使い潰しにしかならないと常々思っている。。)また、山本とK-鈴木を比較的ロングリリーフ要員とする。

山本は非常に期待が大きいが、まだ先発では早い気がする。というのも、タイミング(間)を変える変化球がない。(あくまで2017年シーズンの話だが。)スライダーもスプリットも球速が速く、真っ直ぐと同じ間で対応できてしまう。ブレーキの効いた球種が無いと、長いイニングは投げられないだろう。かと言って、二軍レベルだとやることが無さそうなので、一軍のリリーフで経験を積むのはどうだろうか。

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。