梨田監督の辞任についてオリックスファンが思うこと

本日:6月16日(土)の試合後、3連戦の2試合目が終わったタイミングで楽天・梨田監督が突然の辞任を表明した。梨田監督、お疲れ様でした。辞任自体には、(オリックスファン的には非常によくあることなので、)そこまで驚くことはないが、ここまでシーズン早期で辞任というのも久しぶりではないだろうか。

さて、本日終了時点での楽天の勝敗は、

21勝41敗1分 勝率.339

である。辞任も致し方なし、といったところだろうか。交流戦でも、パ・リーグ6球団の中で唯一大幅に負け越し、ゲーム差を広げられていた状況だ。ファン、選手、首脳陣、全員が辛い状況であるに違いない。ただ、投打の成績を考えても上記の成績は妥当かと思う。特に野手陣が振るわない状況が続いており、苦しいゲーム展開が多かったことと思う。

引き際としては、スパッと潔いと思うし、来年からオリックスでコーチとかやってくれないかな、と思ったりするが、NHKの解説者に戻るかなあ。


・・・で、開幕63試合時点での、オリックスの過去の成績はどうだったのだろうか?辞任や休養に定評のあるオリックスの、過去10シーズン分について調べてみた。

日付 備考
2017 28 35 6月17日(土)
2016 24 39 6月18日(土) 7月2日(土)借金20到達
2015 22 40 6月11日(木) 6月2日(火)試合前に森脇監督休養発表(借金15)
2014 40 23 6月17日(火)
2013 30 31 6月25日(火)
2012 23 36 6月24日(日) 9月17日(月)借金20到達
・9月24日(月)借金25到達、岡田監督休養
2011 31 29 7月6日(水)
2010 32 30 6月13日(日)
2009 24 39 6月27日(土) 8月9日(日)借金20到達
2008 32 41 6月28日(土) 5月21日(水)コリンズ辞任

 

改めて眺めてみると、2009年の大石監督、2016年の福良監督のメンタルの強さは目を見張るものがある。

特に、2016年の福良監督は、今回の梨田監督とほぼ同様の状況と言って良い。しかし、前年に森脇監督が休養していたことから、2年連続で休養してもしょうがないという結論になったのだろうな。確かに当時、自分も監督が代わっても別に意味がないと思っていた気がする。

・・・今シーズン、福良監督ではない別の監督だったらどんな数字になっていたか、気になるところではあるな。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。